ムダ毛問題で男性の半袖禁止が問題となったことも

美的観点からの制服強制

ずっと以前、外国の航空会社で、男性キャビンアテンダントに半袖着用を禁止し、問題になったことがあります。男性の腕にはムダ毛があって当然で、半袖になるならムダ毛処理するようにとも言えなかったんでしょうね。男性の脱毛はまずおこなわれなかった時代でしたから。キャビンアテンダントになろうって女性なら、ムダ毛処理に疑問を持つことなどないんでしょうが、もっと大きな視点で考えた場合、美的観点からワンパターンの制服を強制するのってどうなんでしょう。

制服には上下複数の丈を

制服があるのは別にいいことでしょうけど、ワンパターンしかないってちょっと問題でしょう。男性キャビンアテンダントに長袖一択ってことにしたら、すぐ問題になったんですから。女性だってそうですよ。半袖スカート一択って問題でしょう。毎日のことだから、もう永久脱毛するしかなくなるじゃないですか。制服は、上下とも複数の丈から選べるようにするべきでしょう。女性は、脱毛処理していない腕で接客して何が悪い、なんて言いませんよ。長袖を着たいだけです。

ムダ毛とは無関係にパンツルックが増えてきた

女性の制服は、スカートが依然多いですけど、パンツルックもちらほら見られるようになってきましたね。活動のしやすさから言ったら、断然パンツルックですから、その関係からでしょうけど。活動しやすいんだからパンツルックを認めてほしい、というのが通っているわけですから、ムダ毛処理がたいへんだから長袖を、というのもそのうち通るようになるような気がしなくもないですね。冷房の効き過ぎで、ってことならすぐかないそうです。

医療脱毛を新宿で行うためには、いくつかのコツが必要となりますが、まずは信頼のおけるクリニックのカタログや患者の口コミに目を通すことが有効です。