インプラントとは何か!徹底解剖しちゃいます!

インプラントって一体?

あなたは「インプラント」という言葉を一度は耳にした事がありますか?インプラントとは体に埋め込む器具の事をいいます。一般的に事故や病気などで欠損してしまった臓器などの機能を回復させるために用いられます。そして美容整形や歯科治療でも使用される事があります。インプラントは医療の様々な分野で活用される事の多い器具なのです。ただ、素材にはチタンが使われており、ごくまれにチタンにアレルギーを持つ方もいるのでインプラントを使用する手術をする際は少し注意も必要です。

様々な分野で役立っている!

インプラントはいろいろな場面で使用されておりますが、実は心臓ペースメーカーとして使われているのです。徐脈性不整脈という病の手術の斎に心臓の近くに埋め込む事があります。その他、骨折治療にも用いられています。重度の骨折の場合、折れてしまった骨を整復させて、骨折した部分をインプラントで固定させるケースがあります。この治療は、インプラントを体内に入れたままの場合もあれば完治した後に取り出す処置を行う場合があります。

歯科治療の現場でも!

実は歯科医院でもインプラントを使った治療が行われています。歯周病や虫歯、事故などが原因で歯を失ってしまった場合、その部分の骨に穴をあけてインプラントを埋め込むといった方法です。通常、歯を失うと、入れ歯になるかブリッジを被せるかのどちらかが一般的ですが、この方法だと噛んだ時に違和感があったり、健全な歯を削る必要が出てきたりします。その点インプラントなら健全歯を削る必要もなく、噛んだ時の違和感もなく存分に食事を美味しくいただく事ができるのです。

杉並区で行うインプラントはチタンでできている歯茎を埋め込み、人工の歯と思えないほど、天然の歯に酷似した歯を作ります。