わきが手術は自由診療?それとも保険治療?

わきが治療と効果について

わきがの症状を治すためには外科手術が最適と言われています。但し、わきがの症状が軽度の場合、手術を受けたことで治療効果が在ったのか、それともなかったのかと言った判断が難しいケースも在ります。軽度の症状の場合、自分では臭いに気が付かず、家族から知らされるケースも在るため、手術を受けて傷跡が残ったのにも関わらず、臭いが無くなったのかどうかを自分で判断出来ない事もあり、軽度の症状の場合には他の方法で治療や対策を勧められるケースも在ります。

わきがの原因は汗なの?

わきがの原因はアポクリン腺から分泌される汗と常在菌が混ざり分解される事で独特の臭いになるのが特徴で、軽度の症状の場合には腋臭クリームなどを利用して汗をコントロール、殺菌を行うと言う事で臭い対策が有効になります。しかし中度や重度の症状の場合には剪徐法などによる治療法が有効になると言う事です。尚、わきが手術の経験や実績を多く持つ病院を選ぶことが治療効果に良い影響を与える事になるため、病院選びは慎重に行う事が大切です。

保険治療は病院の医師による判断

一般的にわきが治療は自由診療の扱いになるため、全額費用負担をすることになりますが、病院の中には保険治療でわきが手術を行っているケースも在ります。保険治療を行うのか否かは病院の医師による判断になると言われており、保険が適用された場合には3割負担で手術を受ける事が出来る、剪徐法のみが保険適用になっていますが、この方法で治療を行った場合、綺麗にアポクリン腺を切除すれば再発も起こり難くなるなどのメリットも在り、人前でも臭いにビクビクせずにいられると言うメリットにも繋がるわけです。

自分はもしかしたらわきがかもしれないと思っている方は、自身の耳垢をチェックしてみてください。耳垢が湿っているとそのパターンになっていることが多いようです。